Bluemoon

旅行に関する研究活動・コラム等

ブルームーン・マーケティングのサービス(旅行に関する研究活動およびコラム執筆等)のご紹介です。


  •  旅行に関するマーケティング・研究

ブルームーン・マーケティングは、昔も今も、世界中のどんな人にとっても、「旅」は人生に彩りを与えてくれる、重要な要素だと考えています。

財団法人日本交通公社が毎年実施している「旅行者動向」調査によると、「旅行をしなかった理由」に「休暇が取れない」「家計の制約がある」の2大要因が、毎年上位に挙げられています。旅は、子供の頃の家族旅行、ハネムーン、そして定年後にようやく楽しむだけのものではなく、「一生を通して、それぞれのステージで、それぞれに適した旅の形」があります。

ブルームーン・マーケティングは、「働き盛りで休む暇がない」世代にこそ、上手く生活に「旅」という大事な時間を取り入れてもらいたいと考えています。旅が「特別なこと」ではなく、「仕事&プライベートのバランスを保つ大切な時間」となるためには、どんなことが必要なのでしょうか。また、インターネットの普及でビジネス・モデルの変革期を迎えた旅行業は、今後どのように存在価値を高めていくことができるのでしょうか。

この考えのもと、今後も様々な視点から旅行に関する研究活動を進めてまいります。

【論文・学会発表】
野田[2010] 「旅行会社における適応化レベルの決定要因に関する考察
~海外旅行者が選択する予約インターフェース~」
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 修士論文
日本消費者行動研究学会 第40回消費者行動研究カンファレンス

【コラム執筆・寄稿】

inquiry