会社概要・沿革

会社概要

2021年1月現在

会社名

ブルームーン・マーケティング株式会社
Bluemoon Marketing Inc.

所在地

〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル10F

代表取締役

野田 彩子 / Ayako NODA

設立

2010年7月7日

資本金

500万円

社員数

5名(パートタイム含む)+業務委託パートナー

取引銀行

芝信用金庫 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行
楽天銀行 三菱UFJ銀行 日本政策金融公庫

所属

東京商工会議所 東京観光財団

事業内容

マーケティング、広報・PR活動に関するコンサルティン
グ及び支援業務
各種マーケティング業務
各種システム・アプリケーションの開発及び販売

代表略歴

野田 彩子 (Ayako NODA)

  • 20年にわたりマーケティング・コミュニケーション関連業務に従事(事業会社側およびグローバルなPR会社でのコンサルティング側、双方の経験あり)
  • 約10年間の旅行・IT関連業界での実務経験を強みとして、2010年に「旅 × IT × マーケティングの分野で、お客様と共に新たな価値を創造すること。」をビジョンとしてBluemoon Marketingを設立。「データ&コミュニケーション」を事業の軸としたマーケティング支援において、戦略立案から実践までサポート。
  • 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(MBA:博士課程前期)
  • 総合/国内旅行業務取扱主任者(国家試験)

社名の由来

青い月、またはひと月に満月が2回あることを指すBlue Moonは「めったにない」「見ると幸せになれる」と言われていることから、ブルームーン・マーケティングは「ユニークな価値と幸せ」をお客様と共に創り上げるパートナーでありたいと名付けました。

講義・寄稿・学会発表等:

  • 消費者行動研究学会カンファレンス「「旅行会社における適応化レベルの決定要因に関する考察 ~海外旅行者が選択する予約インターフェース~」[2010.5]
  • 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科公開講演会「女性のキャリア形成とMBA -30代からのブレークスルー」現役生としてパネルディスカッション参加 [2011.11]
  • 海外進出支援ポータルサイト『Digima~出島~』コラム掲載 [2013.12-2015.2]
  • 旅行業界メディア『トラベルボイス』コラム掲載 [2014.10-2015.4]
  • Google主催 YouTuber向けイベント Expert Village 広報担当 [2017.11]
  • 和光大学経済経営学部キャリア・セミナー ゲスト講師 [2018.10、2019.6]

沿革

2010年7月

ブルームーン・マーケティング株式会社設立(港区赤坂4丁目)

2011年1月

Con-Sentido Marketing Solutions S.L.(スペイン)とパートナーシップ契約締結

2011年4月

株式会社アセンダ(デザイン作成サイト『do-des(ドーデス)』と業務提携

2011年9月

Con-Sentido Marketing Solutionsと『地中海マーケティング研究(RIMM)』設立

「スペイン向けマーケティング支援」事業をスタート

2012年3月

港区芝大門2丁目に本社を移転

2013年11月

インターネットリサーチ・ソリューションのCint AB(スウェーデン)と業務提携

2014年3月

資本金を350万円に増額

2014年9月

Cint社との提携により『訪日旅行向けインターネット調査パッケージ』を提供開始

「訪日外国人旅行(インバウンド)向けマーケティング支援」事業をスタート

2015年2月

USPジャパン社・Cint社との提携により『「訪日ゲストリサーチ』を提供開始

2015年8月

港区芝大門1丁目に営業拠点を移転

インバウンド向け『在日外国人調査』スタート

2016年2月

セーバートラベルネットワークが提供する『プロモスポット』の取扱い開始

2016年7月

WIPジャパン株式会社との協業により海外向け広報支援『ようこそPR』スタート

2017年3月

Syno Japan社との協業により『インバウンド・オムニバス』を提供開始

2017年4月

港区芝大門1丁目のリージャス芝大門に営業拠点を移転

2018年7月

Syno Japan社との協業により『訪日Myゲストリサーチ』を提供開始

2020年3月

資本金を500万円に増額

2020年11月

データプラットフォームを提供するSyno Japan社の『Syno Cloud Partner』に

2021年4月

10周年を機に3つの事業軸を再編、公式サイト全面リニューアル