【ニュースリリース】インバウンド市場攻略に画期的サービス「訪日ゲストリサーチ」提供開始 ~訪日旅行者数上位10カ国の訪日経験外国人1000人にインターネット調査が可能に~

インバウンド市場攻略に画期的サービス「訪日ゲストリサーチ」提供開始
〜訪日旅行者数上位10カ国の訪日経験外国人1000人にインターネット調査が可能に〜

外国人観光客誘致を中心とした経営コンサルティングを行う株式会社USPジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:新津研一)は、旅行およびIT関連分野のマーケティングを支援するブルームーン・マーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野田彩子)、およびスウェーデンを拠点に世界60カ国で展開するインターネットリサーチのテクニカルソリューション企業、Cint AB(本社:スウェーデン・ストックホルム、創業者・CEO:ボー・マットソン)と提携し、ショッピングを軸とした訪日観光プロモーション促進のための海外インターネット調査「訪日ゲストリサーチ」を、2015年度より提供します。

当サービスは、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(Japan Shopping Tourism Organization、以下JSTO)との共同調査として、複数国のニーズや特徴をつかむことが求められるインバウンド対策において、定期的かつ広範囲なリサーチを安価かつ迅速に実現する「訪日旅行者トップ10カ国1000人共同調査」の他、対象国や設問数を自由にカスタマイズした複数の調査メニューを提供します。

■「訪日ゲストリサーチ」サービス概要

<訪日旅行者トップ10ヶ国1,000人共同調査>
・対象国:2014年の訪日外客数トップ10ヶ国 *JNTO推計値
(台湾、韓国、中国、香港、米国、タイ、豪州、マレーシア、シンガポール、英国)
・サンプル数:各国100人×10カ国・合計1,000人
・条件:上位6位まで(1年以内)、7-10位(3年以内)に観光目的で訪日旅行経験あり
・基本属性:①国籍、②性別、③年齢、④訪日時期、⑤居住地域、⑥世帯収入、等
・質問数:基本質問(各社共通)5問+個別質問(自由設定)各社5問
・基本料金:70万円~ *自由設問を設置する場合には費用別途(翻訳費、他)
*プログラミング費用・設問の翻訳費込み、「自由回答」を設定する場合は1ヶ国1問あたり+3万円+翻訳費別途
*納品:① 国別Excel単純集計表 ②国別単純集計を統合したPPT要約レポート ③ローデータ(SPSS形式等も可)
<「訪日ゲストリサーチ」単独調査>
「お試し1ヶ国(100人)」「訪日トップ5ヶ国(各国200人)」「選べる3ヶ国(各国200人)」「選べる1ヶ国(200人)」他、カスタマイズも可能。

◆ 株式会社USPジャパンについて
USPジャパンは、外国人観光客誘致(インバウンド)を中心に、主に小売店向け経営コンサルティング、マーケティングサポートを行っています。2013年9月よりJSTO事務局業務を受託し、全国のインバウンドに取り組む民間団体、地方自治体、おもてなし事業者を支援しています。
社名:  株式会社USPジャパン(http://www.usp.co.jp/)
代表者: 代表取締役社長 新津研一
所在地: 〒105-0003 東京都港区西新橋3-6-2 西新橋企画ビルディング3F
設立: 2012年5月29日

◆ シントについて
シントは、60カ国1000万人以上のアクティブ調査パネリスト(回答者)を管理し、業界初となるオンライン調査パネルのマーケットプレイスOpinionHUB(オピニオンハブ)を運営するグローバルテクノロジー会社です。スウェーデン・ストックホルムを拠点とし、欧州・北米・アジア太平洋の主要都市にオフィスを設けています。
【日本支社】
社名: Cint Japan株式会社(http://www.cint.com/)
代表者: 代表取締役 高橋隆敏
所在地: 〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階 *2014.8移転
設立: 2011年

*発表プレスリリースはこちら: 20150218_USP Japan_BM_Cint Release

関連事例

【TOKYO働き方改革宣言企業】【2020TDM推進プロジェクト】への参加について

【ニュースリリース】GDPR対応のアンケート・システムを感染症およびCX対策に無償提供

【TOKYO働き方改革宣言企業】【2020TDM推進プロジェクト】への参加について