【共同リリース】解禁間近、インバウンド復興の鍵となる感染症対策を含む「アジア太平洋エリアへの海外旅行意向調査」を米国・シンガポール・タイで実施

2022年5月19日

解禁間近、インバウンド復興の鍵となる感染症対策を含む「アジア太平洋エリアへの海外旅行意向調査」を米国・シンガポール・タイで実施
~入国規制の影響は?行きたいけどまだ旅行できない場合はどうする? ~

グローバルの消費者を対象とするアンケートの収集、分析、活用のプロセスを最適化するデータプラットフォームを開発するSyno International(本社:リトアニア)の日本支社、Syno Japan株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:長野草児、URL: https://synoint.jp/、以下シノ・ジャパン)と、「データ&コミュニケーション」を軸に旅行およびテクノロジー関連分野向けのマーケティングを支援するブルームーン・マーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野田彩子、URL: http://bluemoonmarketing.jp/、以下ブルームーン)は、5月初旬に米国・シンガポール、タイの3ヵ国を対象として、インバウンド復興の鍵となる感染症対策を含む「2022年内のアジア太平洋エリアへの海外旅行意向調査」として共同調査を実施しました。

 

【調査結果の要約】 *調査時期:2022年5月4日~5月10日

  • 「どの時期に海外旅行を計画しているか(直近)」、米国は「未定」が最多、「7-9月」と続く。シンガポール、タイは圧倒的に「11-12月」が多い。
  • 「各国の入国規制を考慮しない場合の行きたい国(複数選択)」は、全体と各国で「日本」が1位であるが、米国のみ同程度で「オーストラリア」が続く。「コロナの感染状況や対応等を踏まえた場合の行きたい国(複数選択)」は、米国は「オーストラリア」「日本」が同程度で1位、シンガポールは「韓国」「マレーシア」「オーストラリア」が日本を僅かに超える。タイは変わらず「日本」が他国を離して1位。
  • 行きたい国にまだ旅行できない場合」、米国は「解除になるまで待つ」、シンガポールは「別の国への計画を進める」、タイは「代替案を準備しつつギリギリまで待つ」が1位。
  • 「コロナの影響が残る中、旅先を決める際に影響する点」は、米国「入国先での隔離・行動制限」、続いて「帰国後の隔離・行動制限」と「マスク着用義務」が同程度。シンガポールとタイは同様で「入国先での隔離・行動制限」が最も多く、「出発前のPCR検査・陰性証明が必要」が続く。

◆ 調査概要

  1. 調査期間:2022年5月4日(水)~10日(火)*日本時間
  2. 調査機関:Syno Japan株式会社による自主調査
  3. 調査対象:米国・シンガポール・タイの3か国、18歳以上の男女、・2022年内にアジア・太平洋エリアに海外旅行を「したい」「興味はあるがまだわからない」(出張目的を除く)と回答 (出現率=米国:51%、シンガポール:86%、タイ:70%)
  4. 有効回答数(n:サンプル数):アメリカ 209、シンガポール 211、タイ 209、合計 629
  5. 調査方法:オンラインでのアンケート調査

新型コロナ感染症の影響が残る中、本調査実施中の5月5日に日本における訪日旅行者向けの入国規制の緩和見通しが示されました。また、5月17日には観光庁より本調査で対象とした3ヵ国にオーストラリアを加えた4カ国向けの実証実験が行われることが発表されました。

本調査の実施期間は5月4日~10日ですが、「コロナの感染状況や対応等を踏まえた場合の旅行先」として、(入国規制を考慮しない場合はいずれも「日本」が1位であるものの)米国はオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールは韓国、マレーシア、ニュージーランドが日本をわずかに上回りました。一方、タイは最も訪日旅行の意欲が高く、「入国規制を考慮しない場合」「感染状況や対応等を踏まえた場合」いずれも6割以上が「日本」と回答しました。

一方、「行きたい国にまだ渡航できない場合」の考え方は「解除になるまで待つ」米国、「別の国への計画を進める」シンガポール、「代替案を準備しつつギリギリまで待つ」タイと、国ごとに特徴が出ました。

また、「コロナの影響が残る中での海外旅行は、どんな要因(感染症対策の義務等)が阻害要因になるのか」という視点で「あなたが実際に旅行先を決める際に影響する点」を5つまで求めたところ、3ヵ国とも1位は「入国先で隔離・行動制限がある」となりました。2位以下は国別で違いがあり、米国が「帰国後の隔離・行動制限」と「マスク着用義務」が同程度で続き、シンガポールとタイは「出発前のPCR検査・陰性証明が必要」と続きました。しかし、「マスクの着用義務」では、「影響する」と答えた人の国別の割合としてはタイが4割を超えて最も多くなっています。

シノ・ジャパンとブルームーンは、2017年からの協業により「訪日ゲストリサーチ」、「インバウンド・オムニバス」、「訪日Myゲストリサーチ」といった、訪日旅行者に特化した海外調査メニューを提供しています。今後も最新のインバウンドの市況に応じた形で、データプラットフォームの構築までを含めて柔軟に「データ&コミュニケーション」を支えるソリューションを提供してまいります。

以 上

*リリース全文はこちら

*レポートの要約、各国における属性情報(性別・年代)を含む詳細データ等をご希望の場合は、こちらからご連絡ください。
*本調査結果を引用・転載する際は、出典を必ず明記してください。

関連事例

【国際イベントに伴うメディアデスク・シティプロモーション】埼玉県観光課様

【ニュースリリース】教育訓練にも使える「旅行・観光業向け ハンズオン型SNS担当者育成講座」

【SNS担当者育成講座】ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ様